1. ホーム
  2. 家庭用品
  3. ポリラップ®へのよくある質問

ポリラップ®のよくある質問

ポリラップ®に対する、よくある質問をまとめました。

ダイオキシンは大丈夫なのでしょうか?
ダイオキシンは、炭素・水素・酸素・塩素の各原子から構成される有機塩素系化合物です。
ポリラップ®の成分は水素と炭素からできており、ダイオキシンの発生要因となる塩素は含んでいません。
ラップフィルムそのものは、燃やしても二酸化炭素と水になるだけで安全です。
他社品と比べて粘着力が弱く、食器によってはくっつかない場合がある。
食品を直接包むので、当社のポリラップ®は粘着力を強くする添加剤は使用しておりません。
アルミ製やプラスチック製容器など、くっつきにくい食器でご利用される場合、全体をラップで包み込むようにしてご使用ください。
ラップが溶けてしまい、知らずに口に入れてしまいましたが問題は無いでしょうか?
誤って飲み込んでしまっても少量であれば人体には影響はありませんが、異常を感じられる様であれば 医師の診断を受けてください。
環境ホルモンの問題は大丈夫ですか?
原料であるポリエチレン樹脂の製造からラップフィルム製品となる迄、一切の添加剤を使用していませんので、安心してご使用いただけます。
ラップが巻戻り、取り口が分からなくなった場合、どうすれば良いですか?
ラップの取り口が分からなくなった時の対処法
ラップを箱から取出し、中央部に粘着テープを巻いて引っ張ってください。
爪で引っ掻いたり、刃物で傷をつけるとラップどうしがくっつき、更に使用しにくくなります。
オーブンやオーブントースターに使えますか?
使用できません。オーブン等は直火であり、溶けてしまいます。 市販されている他社製品も同様です。
フィルムの切れが悪く、カットがうまくできない。
ポリラップ®はポリエチレン製です。塩化ビニリデン製ラップとは原料・製法が異なるため、フィルムは伸びる性質をもっています。
ラップを刃に直角に当てて押切るのではなく、箱を内側に傾けてラップの端からカットしていただければよく切れます。
又、ポリラップ®の長巻品(50m)は、植物を主原料としたプラスチック刃を装着させ、更ににカット性を良くしています。
切り方のコツ
使用前にラップの蓋部分のミシン目のした部分は、通常切り取って捨てますが、上に折り曲げテープ等で固定しますと蓋部分が補強され、更に切りやすくなります。
異臭を感じる場合があるのですが?
材質特有のプラスチック臭又は、臭い移りが考えられます。
ポリラップ®の原料であるポリエチレンは、臭いが移り易い特徴がありますので臭いの強い物の側や、臭いがこもり易い場所を避けて保管ください。